スポンサーリンク

スチールホイールよりアルミホイールの買取金額が高い理由とは?

シェアする

スポンサーリンク

アルミホイールを作る為に必要なのは当然アルミニウムで

アルミニウムは、ボーキサイトという鉱物を原料にして生産されますが、この過程で大量の電力を消費する為、生産コストがとても高くなります。

スチールホイールは生産コストが安い!

次に、スチールホイールについてです。

スチールホイールは鉄で作りますが、鉄の原料となる鉄鉱石の埋蔵量は、約2,320億トンです。これは、他の金属(ボーキサイト280億トン、銅6億トン、亜鉛3億トン、鉛1億トンなど)と比較すると、桁違いに多い埋蔵量です。埋蔵量が豊富にあり、産出量も多い。だから、価格が安くなります。

つまり、生産するコストが安いので、スチールホイールの買取金額も安くなります。

ボロボロのアルミホイールでもリサイクル出来る!

一方、アルミホイール(アルミニウム)をリサイクルする場合、生産時の3%しか電力を消費しませんので、低コストでリサイクルしやすいのです。

ボロボロのアルミホイールでもリサイクルが可能です。

つまり、原料からアルミニウムを生産するより、リサイクルする方がコストが安い為、買取価格が高いのです。

スポンサーリンク

シェアする